障がい者採用情報

障がい者採用について

よくある質問

Q:勤務時間、通院等について配慮していただけますか?
A:可能な限り配慮をいたします。フレックスタイム制度等を利用した通院が可能です。

Q:給与などの待遇面で、障がいの有無による差はありますか?
A:正社員の場合、報酬として給与と賞与が支給されます。給与については役割給を導入しています。役割給とは、社員の区分、職群およびグレード等に応じて決定し、月額により支給するものです。賞与については全社業績連動とし、経常利益に連動しており、個人ごとには業績評価に基づく評価になります。いずれの場合も、障がいの有無による差はありません。

Q:評価制度や昇給はありますか?

A:「高い付加価値を意識した変革行動を発揮」「キャリアの自己実現を意識」および「モチベーションの向上」を目的とした、人事制度を設けています。正社員は、年度ごとに評価された人事考課の内容に基づき、年に一度昇給・降給があります。

Q:採用までの選考ステップを教えてください。
A:書類選考、面接試験 (複数回) を行う予定です。そのほかご不明な点があれば、採用担当までお問い合わせください。

Q:選考時に、障がいに対するサポートを受けることはできますか。
A:それぞれの障がいの状況に応じて配慮しております。例えば聴覚障がいのある方には、筆談で面談を行っています。個々の障がいの状況にできるだけ沿うようにサポートしています。

Q:雇用形態や勤務形態はどのようになりますか?
A:システムエンジニアの方は、正社員の雇用を前提に募集しております。事務職の方は、ご本人の状況に応じて配慮、決定いたします。

Q:有給休暇はありますか?

A:入社1年目より有給休暇が付与されます。また。その他に特別休暇・夏期休暇・年末年始休暇等が付与されます。(ただし、入社時期や契約形態により付与日数が異なります。)

Q:障がいのある社員の方は、実際にどのような仕事をしていますか?
A:システムエンジニアの方は、プロジェクトメンバーとして、設計・開発・保守を行っています。事務職の方は、総務・健康管理等の事務やサポート業務を中心に担当し、主に、各種書類のチェックやPC活用業務(入力、データ集計等)、庶務等をおこなっています。

Q:さくら情報システムには障がいのある社員は何名いますか。また、どのような障がいを持った方がいますか。
A:2017年10月1日時点では、23名の障がいのある社員が働いています。主に、上下肢、体幹、内部、聴覚、視覚、精神に障がいのある社員が働いています。

Q:入社人数と退職者の割合を教えてください
A:障がい者の方の2013年10月1日~2017年10月1日入社が13名です。うち3年以内離職者は1名です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加